開運名刺デザインの大事なコツ 意図があいまいなものはは入れない事13

1、名刺には曖昧なものは入れないこと

先日開運名刺コンサルお茶会で、皆様のお持ちいただいたお名刺をお一人お一人、改善点と作成アイデアをいろいろ出させていただきました。

その中で何点かみなさんにも作成する時のコツとしてお伝えしておきますね。

名刺の中に、これは情報として「なんと〜〜く入っているよ!」というものが意外とあったことです。

『これなんだろう??』というものを入れないようにしましょう。

例えばQRコードをいれただけというのも、個人的にはそれは何を伝えてるの?blog?fecabook?電話番号???と突っ込みいれたくなります。

名刺は面積も小さいので、中途半端なものは入れずに本当にいれたい事を厳選していれましょね。

自分が何をこれを使って伝えたいのか??をハッキリさせることが大事。

2、盛り込みすぎ、バランスの悪さはアウト

情報をあれこれいれたくなるタイプの方は要注意です!ブログだとわかりやすく言葉をしっかり考えて「人に元気を与えるなんとかヒーラー」とか書くのが主流ですけど、そのまま名刺にするとちょっとかっこわるいかなーって思います。

名刺はステイタスみたいなものでもありますからね。なんか安っぽい言葉をだらだら入れるより高級な感じがいいでしょ・・。

また左脳向けの文字やデータの情報と、右脳向けのイメージの情報、そのバランスが悪い人もいます。

左脳だらけだと仕事の数字の実績とか、ガツガツいれてますよね。右脳だらけだとイメージだけで情報が何にもありませんね。

二つのバランスをしっかり取ると良い名刺ができます。

a0780_000714

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする