開運名刺デザイン大事なコツ どんなアクションが欲しい?06

1、お名刺を渡すことはそもそも・・

お名刺の役割やいろいろありますが、特に「発注」を狙いたい方にとっては、お名刺は仕事につなげる「連絡」を作るものですね。

(ちなみにおおまかに女性はファッションとしての小道具としても素敵なものを持ちたいという願いがあるようなので数字をそんなとりたいと思っていない人はあまり以下読まなくてもオッケー)

なのでそういう受注したい方は「連絡がくる事」がイメージの目標であるわけです。

なので連絡先をわかりやすいよう考えることがとても大事でしょう。まぁ全体のイメージももちろん大事ですけどね!!

2、お名刺情報クロージングポイントをつくる

セールスなどでは「クロージング」という言葉があります。取引完了という意味が強いようですが、「閉幕」という意味もあるようです。コトバンクより

名刺を見ていただくということの閉幕ポイントをどうするかということを考えてみてください。

閉幕した後の劇場でお客様にどんな感想をもってもらいたいか?観劇後の劇場をイメージしてみてください。

「素敵な出し物だったのでまた来てみたい!ファングッズ買って行こう!」というようにファンになっていただき、次回も来てくださればいいな〜と思いますよね。次回はどこでやるんだろう?という気持ちが動いたときにわかりやすく連絡先があれば、行動につながります。

名刺で考えると「視点が終了する落としどころ=情報のクロージングポイント」を作るというのが大事だと思います。

それが図形的にもはっきりしているとなお良いです。なので「即発注」を求める名刺であればQRコードなどもいいかと思います。

3、お名刺の連絡先をどこに入れるか?

企業のホームページなど見ても、右上に連絡先やメルマガなどの登録がありますね。

それと同じように、名刺の情報のクロージングポイントを作りましょう。

デザインの考え方で、人間の視線は「Z型」で動くということがあるようです。IDEA.JPさんより

視点のクローズするポイントは右側下になるわけですね。9つのエリアだと金星のエリアですね。

そこにQRコードをいれて全体を締めると、金星の楽しさや喜びというイメージが加わりますので「この人に連絡してみるとたのしいかも???」と潜在意識下で感じてくれるかもしれませんよ!

9分割5

eefaf21b461ff91eee31423554dcec60_s

作例はこちら