カウンセリング、ヒーリング、占いなどの開運名刺の作成のコツ

心の世界のお仕事の境目が、かなり融合されてきているのが今の時代ではないかと思います。

心という見えない世界を相手にしていくので、右上の海王星のエリアを強調すると良いでしょう。海王星は夢、ビジョンの他、境界をなくしていく作用があります。絵で例えるなら、鉛筆でなくパステル画。色と色の境目には線はありません。海王星が強いと、このイメージが心と心で起きやすくなるのです。

なんとなくその人の心が伝わる・・・・
思っていたらメールが来た・・・

海王星は直感力や、奉仕精神などの力を与えてくれます。

さて実際の名刺作成では、私は「何を使ったどんなセッションなのか」ということを明確にしましょう。何というのは「心理療法?占い?ヒーリング??」あたりは、よほど詳しい方でないと、ごちゃ混ぜに思っている方も多いです。

見えない世界のことですから「信頼」が1番大事。資格があるなら資格も載せましょう。でもあまりダラダラ多すぎるのもだめですよ。絞ってね!

またプロフィールも積極的に載せましょう。この人はこんな悩みがあってこうなったのか、では私も同じような悩みだからこの人に相談しよう・・・ということになります。

そしてそれを誰にむかって発信するのか考えましょう。小学生のお母さん?子育て終わった人?働き盛りの男性?OLさん?

お名刺を渡す人にどんなアクションをとってもらいたいか考えてみましょう。

私は占いやカウンセリング、ヒーリングの方には積極的に「どこで受けられる?いつ受けられる?いくらで受けられる?」という情報も入れていただいております。

名刺はお店でいう「ちらし」の役割りもしていますから、積極的に使っていきましょう!

今までのカウンセラー、ヒーラー、占い師のお名刺デザイン例はこちらです!

a0001_010086

占い師系

9分割2