世界の美しいロゴ・トレードマーク

本当に美しいデザインや形をみよう!

本当に美しく研ぎ澄まされた形を見ることで、自分の中の美意識が育つのだと思います。あなたの名刺をみる「力」が育まれるでしょう。

というわけでこのシリーズ世界の有名なデザインオフィスとそのデザインを見ていこうと思います。

あれ?あのマークも?というぐらい有名なオフィス

Chermayeff&Geismar&Haviv 

こちらの会社は本当に有名なロゴ&ブランドを作り続けている会社です。

画像はすべてChermayeff&Geismar&Haviv のHPより

NBC(National Broadcasting Company)アメリカの三大ネットワークの1つ


有名な石油会社ですね。


United Nations Development Programme (国連開発計画)


あら!日本生命さん!


高級感あふれるバーニーズニューヨークのロゴ。


どれも「どこかで見たことあるなぁ!!!」というようなものになると思います。ということは多くの人の潜在意識に入ってしまうというのがこれらロゴなんですね。

なので調和がとれていて美しくシンプルなものというのが大事ということなのです。

日本生命さんのロゴもここだったのか!と日本生命さんの昔のロゴを調べて見たらHpにありました。

HPより
昭和63年、「新しくあろう」「発信・提案していこう」という企業姿勢をこめて、「NISSAY」を採用し、社章も新しく切り替えました。
先進的・国際的で、かつ提案する企業としての積極的なイメージを持つと同時に、人間味を感じさせることを基本にデザインしています。

三角形を2つ組み合わせた「N」は、もちろん「NISSAY」の頭文字ですが、同時に「Network」の充実・高度化を目指すという企業姿勢も示しています。
一つの三角形は家族(父、母、子)を、もう一つの三角形は生命(体、精神、魂)を表し、マークに使用される色(センチュリー・レッド)には、先進性や提案する企業としての積極的でありたいという想いを込めました。

Chermayeff&Geismar&Haviv のHP では
アイデンティティは国際主義の感覚を伝えるが、マークの形は日本の紋章と書道の伝統へのリンクを維持している。

ということだそうです。

私は日本生命さんのロゴはパズルのようにも見えます。いろいろな人が支えあっているようなイメージなのかな〜と思いました。

シンボルは人の心の深い言語化できないものを浮上させるものです。そしてシンプルであればあるほど潜在意識に語りかける力が強くなります。エーテル体というか気のエネルギーって矢印とか幾何学形で動くんですよね・・・・(これは魔術の世界です!)

大企業のマークがシンプルなのはそんな力を知っているからでしょう・・・。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする