開運名刺デザインの大事なコツ 情報の階層化 14

1、名刺は究極の情報整理ができる

私はもともと本のデザイン事務所にいたことがあります。

そのとき学んだことは本のデザインとは

「情報整理すること」

「混沌に筋道を立てわかりやすく図解する」

ということでした。

名刺の場合は面積も限られていますから、いろんな伝えたい内容も1番大事なものに絞ることができます。ですので今後の自分の軸が明確になると思います。

2、名刺の情報は雑誌のページを作る感じで考えてみる

本の情報を編集するような感じで、お名刺情報も整理していってみましょう。

それは「大見出し」「中見出し」「小見出し」「本文」みたいな情報の階層です。これを文字の大きさと連携させましょう。

これがバラバラになっていると、まとまりのないデザインになります。頭の中で整理できない図になってしまいます。

a0002_003651