名刺鑑定リーディング04

1、名刺鑑定リーディング実際例

開運名刺鑑定リーディングでは名刺を9区画にわけて、それぞれに意味が西洋占星術からつけられています。考え方の基本はこちらを読んでくださいね。絵画分析が元になっています。

お名刺の情報がどこに多く入っているかな〜〜という視点で、名刺リーディングしてみましょう!デザイン百貨店様のお名刺を使わせていただいております。

image-3.php

こちら大人っぽい配色のお名刺ですね。左側に色が敷いてあります。左は自分中心。右側が他人中心のエリアですので、自分の技術や才能をどんどんアピールしたいです!ということになりますが、この場合、色がベージュなのであまりギラギラはしていないですね。どちらかというとぼかしている感じ。

やる気はあるけどギラギラはしていません。くすんでいるので微妙な感じ。大人なメッセージですね。

左上のユニークエリア、左下の技能エリア。
右上夢エリア、右下楽しみエリアに文字が入っています。

開運名刺 9つのエリアの意味

開運名刺 9つのエリアの意味

ちょっとばらけている感じですので、名刺の文字の大きさを比較してみますと、1番大きいのはローマ字の名前ですね。なので左上強調・・かとも思いますが右上のピンク色がアクセントになっているので右上もちょっとポイントぽいです。文字がはじまるのは使命エリアですね。

名刺鑑定リーディング的にはちょっと狙いがバラバラすぎて弱い感じがしますかね。おとなしすぎ!っていう全体の印象です。

私の好みでいくと名前は黒にしてもいいんじゃないかしら。だって、これは会社の場所と、右側会社名の方が目立っていますよね。

名刺の配置だけみていくと、ユニークな私が(左上しかも英語がメインなので帰国子女さんなのかな)使命を持ってお客様の人生のプランを考えます(右上ピンク)!みたいなリーディングです。

ベージュとピンクなのでとてもソフトです。あまり力でものを言う感じではありません。おしとやかな感じです。

9分割3



スポンサーリンク
スポンサーリンク