開運名刺デザインの大事なコツ 裏面にはこれだけ入れよう12

1、名刺の裏面はこれだけは入れよう!

名刺の裏面を考えてゆきましょう。

裏面を入れない方もいるけど、個人で仕事をするには自己紹介が必要だと思います。裏面は特にその方の「個性」がシンプルに表現できる場でもあります。名刺は情報が限られくるので、最低限必要な情報をしぼることができます。

自分をアピールする骨組みだけを構築できるんです。これを土台にブログやホームページの戦略をたててもいいぐらいだと思っておりますよ・・

それで裏面は私の場合、大きく二つを入れていただいています。

1、名刺裏面は「プロフィール欄」

2、名刺裏面は「事業内容、お仕事内容情報」

1、名刺のプロフィールの重要性

こちらにも書いておりますが・・改めて。

あなたがあまりたいしたことない、って思っていても他人から見たら「すげぇ」経歴っていうパターンは多いです。

本人が当たり前すぎて、あまりわかっていない人が多いんですよね。

逆に、「でも私、本当に普通の主婦しかしてこなかったのよ・・」という方も多いのです。でもね、実はそこに至る時間軸の中で個性化されてきているはずなのですよ!!!!!

そういう自分がわからないという方には私は西洋占星術という強い見方があるので、そのあたりからヒアリングコンサルテーションしています。

それで占星術から知って その方の話を聞いてると、「ずっと変わらない価値観」が見つかったりします。

この仕事をしようとしている意図の中には、昔のこんなことからはじまっていたんだな・・・というような一つの大きな意思の流れのようなものがわかると、その人はとっても勇気づけられますね。「あこれでよかったんだ!」って。

2、「事業内容、お仕事内容情報」

3つか、4つの事業内容を絞りましょう。

名刺の裏面デザインで見やすくすりには、色の四角つくって、その中に事業内容を分けて入れることが多いです。

名刺は本当に情報がしぼられますから、言葉も最低限のものになるし、自分の中でやる事業や仕事の優先順位もつけられます。これをシンプルに考えることは未来の計画書にもなるんですよ。

3、その他占い師さんやヒーラーさんの名刺の場合・・・

私は占い師でもあるので圧倒的に占い、ヒーリング関係が多いため、実際の占いや鑑定をする場所、料金等を情報として載せるパターンも多いです。

4、好きなことを載せてもよし

自分の意外な特技や、好きなことも入れたりもおすすめ。箇条書きでもかまいません。趣味や好きなことが共感できると、かなり良い印象を持ってもらえると思います。ある出版した方の個人ブランディングコンサル講座では、二枚折の名刺にしてなるべくそういう情報を入れて、渡した方と共通項を作るそうですよ★

5、保有資格をどこまで載せるか

あと保有資格を掲載するのは最低限がいいと思います。あまりずらずら載せても良い印象は持てません。

スピリチュアル関係資格だと、カタカナばかりであまりよくわからないものはやめましょう(キッパリ

普通の人があまり知らない資格も入れるのは控えておきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする