開運名刺 自分の大きな使命に捧げたい時

1、開運名刺は9区画で考える

開運名刺では上の真ん中が、使命とか理念を強調するエリアです。

西洋占星術で土星と冥王星をあてはめています。土星は「努力する課題」を表しています。冥王星は「自分ではどうにもならない力、徹底的」を表しています。

この二つの組み合わせはかなりマジメでシビアな感じです。何か運命に導かれるように、自分の使命がわかり、やり遂げてみたい時、このエリアはパワーをくれるでしょう。

土星は西洋占星術だと、その人の取り組むべき課題を表します。また「責任、現実、保守的、凝固」などの象徴です。例えば、夜、親しい友達とのみにいって「もう1軒いっちゃおうか」と言われて「あ、俺明日朝仕事早いから帰るわ」っていう意識の動きは「土星」のはたらきと言えるでしょう。

明日のことなんてかまわず遊びにいってもいいわけではないですか?でもそこで大人の意識が働くのですね。この大人の責任力が「土星」の力といえるでしょう。これがあるから世の中きちんとまわっているのです。

そして冥王星。太陽系の1番はしっこにあり、天文学的には惑星から一つ格下げになってしまいましたが、現代占星術の業界では大事にされております。この象徴は「死と再生」という大きな象徴がついています。これは人間の心の働きでたとえると「通常の範囲をこえるぐらいやりすぎてしまうようなエネルギー」です。火事場の馬鹿力というぐらい、もしかして危機になったときに爆発的にでてくるものかもしれません。

またこの惑星は人間の力ではどうにもならない運命を表します。なので運命的な職業、天から与えられた使命、それをしっかりやっていきたいときこのエリアを使うとよいでしょう。

また真ん中は軸がぶれません。9つのエリアの上3つは精神的なものを表すエリアでもありますので、理念をいつも自分ととしてお客様に浸透させたい時もこのエリアは有効です。

2、名刺真ん中上を使いたいとき

さてここを強調し たいときはこんな感じです。

1 自分の大きな使命を果たしたい!

2 自分の理念を忘れずにいたい!

3大きな目標をかならず成し遂げたい

4コツコツ時間をかけてビジネスを構築していきたい!

5より多くの人、より多くのモノなどを動かし組織を創りたい!

こ のようなことを思っているなら上真ん中エリアに強調するデザインにしましょう。ここを強調すると、より大きな視点で自分のビジネスが俯瞰できるようになるでしょう。

3、この名刺の場所に適した色と職業

色: ダークな色

私はエグゼクティブ色と言っている、濃い茶色、濃い緑、紺色など黒に近い色です。

職 業:責任の大きな仕事、士業、大きなお金を動かす仕事、士業、シビアな場面なりやすいお仕事など。