開運名刺 自分の技術を知ってもらいたい時

1、開運名刺は9区画で考える

開運名刺では自分の技術を知ってほしいという時は左下「スタディ水星エリア」を強調します。

西洋占星術では水星という惑星をあてはめています。水星は太陽の1番近くをまわっていてとても早く動く惑星。水星はギリシア神話だとヘルメスという神様で、天と地上を行ったり来たりの移動する神様です。

移動するということは昔は「商業」でしたし、違う国ですから「言語」が必要で、「コミュニケーション」も必要。ということで、知性、旅行、コミュニケーション、言語、商売などを表します。

2、こんな時にお名刺の左下を強調してみましょう

この惑星は知的なこと一般を示しますので、ここを強調し たいときはこんな感じです。

1自分の技術を信頼してほしい

2技術や技能が素晴しいものを持っている!

3 言語関連の仕事をしたい!

4コミュニケーションをもっと気軽にしてゆきたい!

5 誇れる資格で仕事をしてゆきたい!

このようなことを思っているなら左下エリアに強調するデザインにしましょう!ここは「技術や資格」エリア。ここを強調すると、あなたの技術や技能が強調されます。「デキル!」というイメージが伝わるでしょう。

3、お名刺左下に最適な色、左下を強調すると良い職業

ぴったりな色:水色

占星術の古い対応から考えています。色は最適であるというだけで、違う色を使っても悪いということではありません。

色×場所で考えてみてください。赤であれば知的作業をコーフンして行っています!(ちょっとオーバーだけど)みたいな感じになるわけです。だから赤はあんまり合わないかな〜〜って思いますね・・・。なんか口論しちゃいそうな感じなんですよねぇ・・。

あと水星はどちらかというと若々しい惑星なので、そういうさわやかさや若々しさをちらつかせたい人はこの左下を強調してもよいでしょう。

職 業:資格がある仕事、技能が必要な仕事(ウェブ解析など)、細かい技術職(データアナリストなど)、言葉を使う仕事(翻訳通訳)、ライター、数字やデータを扱う仕事、理系の実験、研究家など。旅行関係、細かい小売業。細かい作業(デザインなど)

スポンサーリンク
スポンサーリンク