開運名刺デザイン大事なコツ 自分の今の名刺を振り返り02

1、自分の今までの名刺を振り返りしてみましょう

今までお名刺を持ってる人は新しく名刺を作成する前に、自分の今までの名刺リーディングをすると良いと思います。

ご自分の今までのお名刺がどこのエリアが強調されていたのか?ということを振り返りしてみましょう。

それで、私の名刺リーディングは絵画分析が元になっていますので、「全体」をみてゆきます。行を右に全部そろえるとかではなくって、細かいことより「全体!」ですよ!

あと言葉よりイメージが潜在意識に入りやすいので、イメージ(ロゴや写真など)がどこにあるか??と1番見てゆきましょう。イメージがなければ1番目立つ言葉はどこにあるかみてゆきましょう。

2、9区画スケールを使って名刺リーディングみましょう

例えば吉田の以前の名刺。そのとき使うのが「9区画スケール」です。それを載せて名刺で1番どこが面積が多そうか、見てみてください。その名刺がどんなメッセージを持っているかがわかります。

この場合は左上のユニークさ(天王星)のエリアと左真ん中やる気エリア(火星)にどーんとイラストをおいてますのでそこを強調です。「ちょっと変わっているのでよろしくね!どんどん行動していける積極派です!」みたいな感じでしょうか。

ちなみにこの絵は私が作成した消しゴムはんこでもあり、タロットカードの「魔術師」でもあります。タロットの意味だと「スタート、技術、技能」みたいな意味も入っておりますし、消しゴムはんこ??珍しいですね・・というような反応も期待していたりします。

2番目に大きな文字は右側の名前でしょう。右真ん中の広がりエリアを重視していることがわかりますね。

目立つ文字がどれかみてみてくださいね。例えばこんな名刺は会社名が大きいので「会社」がメイン。

スクリーンショット 2015-01-15 19.28.14

デザイン百貨店様より

明らかに会社名が大きい!そして名前の漢字がちいさいーーーーーーー!。

スクリーンショット 2015-01-15 19.31.05

デザイン百貨店様より

例えばこんな名刺は名前があきらかに大きいので組織内の人ではあるけれど、かなり自由度が高そうな感じがします。写真一人一人の個性をけっこう過激に出しているかもです。

連絡先はだいだい同じ文字の大きさであることが多いですから、社名と名前、あるいは屋号と名前のバランスは考えておくとよいでしょう。

3、名刺リーディングのコツのまとめ

1、お名刺の中のイメージはどこにありますか?

9区画で考えることが大事。その意味で1番目立つイメージ(ロゴ、写真)がどこか見てみましょう。でその名刺の方向性がわかります。

2、お名刺の中で1番目立つ言葉はどれ??

文字情報が1番どれが大きいか目立つか、調べてみましょう。

3、この記事内では触れていませんが色も要チェック事項!

色って最も潜在意識に訴えかけるので意味がとても大きいですよ!色については別記事ですがこちら★

この二つで今までの名刺や、いただいた名刺を見ていると面白い発見があると思います。名刺制作楽しみながらやってみてくださいね!

ピクチャ 4

スポンサーリンク
スポンサーリンク