開運名刺 9つのエリアで最適色はこれ・・

1、9つの開運ポイントにピッタリな色とは

開運名刺は9区画の意味からどんな風に開運したいのか?を考えます。

開運名刺 9つのエリアの意味

開運名刺 9つのエリアの意味

この象徴は西洋の神秘思想から、精神世界研究家の松村潔氏が考えたものです。

色の最適なものは私のほうで以下の図像も含めて考えてみました。

Wikiより

Joël Larose (jplarose@abarrach.com) – File:TreeOfLife.svg

288px-TreeOfLife_ja.svg

この図のは「生命の樹」といってカバラという西洋のオカルトの図像です。それぞれの球に様々な象徴がついています。これは色になってますけど、天使や、呪文や、石や香りなどがあてはめられているもので、9区画の考え方もこれからとっているのです。一部現代に合わせて色もあてはめて変更をしています。

20130825色

2、色を選ぶことは魔法の一歩である

色は1番の潜在意識に訴えかける土台です。だからなりたいイメージに近づくために意図して選ぶ事が重要。魔法の一歩になります。

「赤い部屋と青い部屋、どっちが暖かそうですか??」という問い、すぐ回答がでるのではないかと思います。よっぽどのひねくれた人でない限り、赤い部屋があたたかそうとなると思うのです。人間の生理に訴えかける力も強いのですね。

なので色はストレートに潜在意識につきささる大事なポイントだと思っております。

3、まず色の方向性を決めよ

最適色と場所はあくまで参考までにするとよいと思います。ただその場所にその色が来た場合、1番場所と色がマッチするのでパワーも強いということです。

1番最初に開運名刺で決めることは色を決めてしまうことです。

色の考え方はこちらのページにいろいろ書いてあります。

やる気を出したいときや積極的になりたいときは赤を選ぶ。1番目立つ場所は左真ん中が1番効きますが、他の場所でも大丈夫です。

あなたのあり方や伝えたいメッセージから色を選びましょう。メインカラーを1色、補助で2色か3色ぐらいにまとめましょう。